新卒フリーランスが失敗しない方法とフリーランスで失敗する理由

かじ

新卒フリーランスは失敗しやすい?

かじ@りばて
かじ@りばて

正直に言って新卒フリーランスが失敗しやすいです。
失敗という表現があまりにも断定的で伝わりにくいので、
なぜ?どういう理由で失敗しやすいのか?というのを説明します。

 

1.学生中にマネタイズ出来るレベルまで能力を高める
2.新卒でフリーランスで働ける能力を持つ人材は会社員ではもっと稼げる

3.フリーランスの方が制限がない為、労働時間は長くなる
4.自身の能力を最大限に活かす事が出来るのは会社員である
 理解してほしいのだが、新卒フリーランスを否定する内容でも馬鹿にする内容ではないので
勘違いしないでいただきたいです。
新卒フリーランスを目指す方が失敗しがちな理由について述べる記事です。
個人的な見解としては、新卒フリーランスは応援しております。

1.新卒のメリットとは?

まず新卒のメリットは理解していますか?番のメリットは20歳前後で大企業又は優良企業に
勤められる可能性が一番高い時期です。運や出会いなどでイレギュラーは起きますが、
20代前半で大企業や優良企業に勤める事が出来る可能性はほとんどありません。

というのも平成初期の考え方ではあります。現代では転職サイトなども多く展開しており、
転職というタイミングでは、大企業に勤める事ができる可能性もあります。

かじ@りばて
かじ@りばて

人生の転機にもなりうる大切な時期です。
その中でも就職先を選ぶのは大切です。大企業に入ると意味があります。本当に大切なのは就職してからです。
大企業の方が大きな仕事にも関わりやすいですし、たくさんな仕事に出会うことができます。
その分自分が働く意味をもちやすいですよね?

a.大企業に勤めなければいけない理由は?

はっきり言ってありません。正しく言い直すとフリーランスを志す方が大企業で勤める事自体には意味がありません。新卒で大企業に勤める事ができたとして何も考えずに勤務したり、
フリーランスになってからは関係のない会社に勤める事は特に意味がありません。

・作業の効率を鍛える
・業種の収益獲得のメカニズムを知る
・業界で大手の中小企業を知り、出会いや付き合いを持つ など

ただ出勤し、ただ帰宅するだけの毎日は一切の意味を持ちません。
抽象的に「意味のない日々」と表現がありますが具体的には「ただ何も考えてないだけ」です。
働く意味やその仕事をする意味を明確に持ちましょう。

例で、数学を「社会に出ても役に立たない」って気持ちで取り組んでも何もなりません。

b.行っている事には自分ですべて意味を持たせる

ここで大切なのは、受動的な意味を設定しないことです。失敗の原因になります。
無理して意味を持たせる必要はありません。容易な意味は持たしてはいけません。

一番容易で効果の無い働く意味は「給料をもらっているから」です。
はっきり言って意味を持ちません。その為だけに出勤し、その為だけに勤務するのであれば、
フリーランスにはなれませんし、絶対に失敗します。

まず大前提ですが、「給料はもらえます」。働いているのであればです。
つまりその種類の意味の持たせ方では損をします。全員に与えられている意味だからです。

日本人は決定することが苦手です。日本という国は、義務教育で幼い頃から「強要される事」
が多いです。ご自身でも経験があると思いますし、私自身は社会人になっても強要される事が
多かったです。それほど重ね重ね体に刷り込まれているのが日本人の特徴です。

強要される原因ですが、「自分で何事も決定しなかったから」というのが原因です。
意味は必ず自分で決定し毎日を充実させましょう。

かじ@りばて
かじ@りばて

単純に早起きする理由を「給料をもらっているから」にするのはもったいなくないですか?もちろん「仕事だから」というのも同じです。
「今の仕事で認めてもらって多くの経験を得る」の意味を持ったとした場合は、ついでに「給料をもらう」「早起きをする」となれますよね?

そう考えるのが一番自分の為になると思いませんか?

2.大金を求めては失敗のもと。フリーランスを求める事を明確にする。

かじ@りばて
かじ@りばて

フリーランスに憧れや期待のみで取り組むのは非常におすすめできません。フリーランスでも、資産がない人は、下積みは必要です。
資金があっても下積みなければ使い方がわかりません。
フリーランスに憧れる理由をしっかり理解してください!
憧れる理由がないと仮面ライダーになりたい幼稚園児と一緒です。

a.個人差はあるが企業勤めより大金を掴むのは苦難の道

一般的な意識では、フリーランスになった方が稼げる。との認識の方が強いとは思いますが、
間違いです。会社員の方が稼げます。会社の制度にもよりますが、フリーランスの方が仕事が少ないので稼げる可能性が低いという事です。

しかしながら、会社に給与面で不満に思うことは多いです。
「こんなに働いているのに」もっと言うと「こんなに利益を出しているのに」という考え方です。

もしあなたが会社で1億円の売上を出したとしてあなたの給与とかを踏まえてリスクを会社が
負担してくれています。給与どころか休日や社会保険、健康保険など全てです。

1億円の売上というのはフリーランスにとっては、平均よりかなり高く見て5年~10年分です。
改めて聞きます。あなたは文句を言うほど働いていますか?って事です。

フリーランスの労働時間を甘く見てもらっては困ります。何もしなければ給料0です。
労働時間でいうと繁忙期は1日12時間以上労働を月28日~31日行います。
これも個人差がありますが、稼ぎたいのであればその程度は覚悟してください。
これでも大手自動車メーカーの部長の3分の1にも満たしません。

大金を掴むという事はそういう事なので、勘違いの無いように理解してください。

3.周囲の環境と比較してはダメ

フリーランスにはボーナスもありませんし、有給休暇もありません。さらには、盆休暇も正月休暇もありません。出勤時間もなければ、退勤時間もありません。
長所とみるか短所とみるかは自由ですが、自分の意志で動き続ける他に何もありません。

そのような環境であるという事を理解しましょう。同級生やもっと言うと後輩に給料面や労働環境で劣る事は卒業後間もなく訪れます。

比較はしないようにしましょう。絶対に勝てません。企業というのはそういう事です。
常に未来を見据えて今の現実と向き合うことが大切です。
まだ見ぬ未来の為に見えている現実を耐える壮絶さを理解しましょう。

かじ@りばて
かじ@りばて

実力のない段階では、一般の社会人と比べると苦痛です。

ここでは諦めないでください。あなたの選ぶ道はそれほどに辛く苦しい道であるのを理解してください。

目指すものをしっかり決めて目指すものの為に尽くしてください。

フリーランスで失敗する理由

そもそも失敗しやすいと言っても「成功する人は成功します」
成功する秘訣は「諦めない」という事です。諦めて成功することはありません。
これができないと絶対に失敗する項目ですのでおさえてください。

1.マネタイズを確立できていない

マネタイズしていることが一番大切です。
はっきり言って自分のマネタイズが確立していいて、やる気さえあれば失敗する可能性は

一気になくなります。失敗する可能性が無いと思ってくれても構いません。

一般的にフリーランスの一番の悩みは「金銭の不足」です。というより成功者でもない限り全てです。お金が無いと何もできません。お金がないと仕事も出来ません。生きてさえもいけません。

収入面を確保できるまではまともにフリーランスなんてやってる場合ではないのが現実です。

自分の長所や特技をどのように収益化するのかぐらいまでは脳内に入れておきましょう。
卒業時点でそれが分からなければ、会社員になりつつフリーランスに備える方が賢明でしょう。

2.挫折してはダメ。継続は力で継続が全て

学生から新卒フリーランスになった時に一番意識しなければならないことは、ゴールや達成などの
今まで当たり前にあったものがなくなるという考え方です。

今まで辛い事や耐え難い事は「時間が解決」してくれたことは多くなかったですか?
個人差はありますが、辛い事が時間の制限がついていませんでしたか?

社会人は時間の制限がありません。成果が出るまでは時間制限なしで今の環境です。
何事も途中で手放しては何の成果をも得る事がないので継続は力になります。

3.年齢など関係ないから不利である

年齢は関係ない!というのは結構年齢で比べてほしくない時に使う言葉でもありますが、
本質は「評価する立場の人」が使う言葉で、あまり現場では使わない方が良い言葉です。

若年者のが使うシーンは良い訳で使うシーンが非常に多いです。
もっと言うと「年齢も加味してくれ」というシーンで使っている人がほとんどです。

フリーランスになると文字通り「年齢など関係ない」です。いい意味に聞こえますが、
圧倒的に若年層や初心者には不利です。当然です。経験も人脈もほとんどのケースで劣っています。

新卒のサラリーマンのミスは「先輩に指導」してもらえます。新卒フリーランスになったとして
のミスは「金額の縮小」や「継続案件の損失」となってしまうケースまであります。

単純にスタート時点では新卒フリーランスは不利です。

新卒フリーランスのメリット

ここまでネガティブな内容ばかりだったとは思いますが、私自身は新卒フリーランスを応援して
おります。デメリットはたくさんありますし、副業からフリーランスになっていった方が賢明です。

それでも、目指す方がいるのであればデメリットはしっかり理解してメリットに繋げてほしいです。

1.未来という時間が多い

時間が最大で強力なメリットです。単純に年月が長いのでそれが理由です。継続が力になると
言いましたが、その通り継続が力となりますので諦めずに全力を出し続ける事が
経験や経歴のある人と新卒フリーランスが戦える唯一の戦力です。

2.労働力と体力とやる気

労働力と体力とやる気はほとんど同じではあります。力の大きさでいうと、

体力×やる気=労働力

と認識してください。新卒フリーランスや初心者が絶対になくしてはいけないのはやる気です。
年月を重ねていくと制限されるのが「やる気」と「行動力」です。

失わないようにする為に出来る限り多くの仲間と情報を共有しましょう。
少しでもメリットを減らさないように努力しましょう。

3.必要な収入が少なくて済む

今必要な生活費はどれぐらいですか?という事です。
年齢を積み重ねていくと生活基準は上がります。学生時代であれば月収15万円程度あれば
一人暮らしでも遊べる程の収入であると思います。
経験上ですが生活基準は月収45万円までは順当に上がっていきます。

また月収30万円程度で貯金をしないという事はそれほど贅沢に感じない程度の生活感です。
辛いですが、スタート時点で新卒フリーランスで高収入は期待できません。
生活基準が低い方が「お金が足りない」となりにくいので継続の妨げになる事態も防ぎやすいです。

新卒フリーランスが失敗しない方法

メリットデメリットはたくさんありますが、自分の未来の為に使える時間は限られてます。失敗しない一番の方法は、
「今できる事をマネタイズしておく」って事です。

今できなくて明日できる事なんて無いです。つまり学生の間にできなくて卒業したら出来るわけないです。在学中に雇用されずに、自分の生活を補えるほどの収入を稼げるようになるのが、
新卒フリーランスの条件になりますので、残された学生の時間を大事にしてください。

1.新卒でフリーランスであるという事をきちんとネガティブに理解する
2.自分の能力だけで生きていく。勉強は辞めてはいけない。
3.羨まない!妬まない!悩まない!
タイトルとURLをコピーしました