【クラウドソーシングサービス】大手と特化型を完全比較!!

かじ

現在ではフリーランスの人がほぼ全員が経験しているクラウドソーシングサービスですが、
大手クラウドソーシングサービスと特化型クラウドソーシングサービスもあります。

知っているのと知らないのであれば、実際報酬にも関わります。

イノ@りばて
イノ@りばて

クラウドワークって結局どうやって稼いでいくのが正解なんですか?

かじ@りばて
かじ@りばて

正解かはわからないですけど、本当に初心者って人は、
1,大手クラウドソーシングサービスに登録
2,スキルを習得&実績の作成

3,各種特化型クラウドソーシングサービスに登録

4,個人で依頼が来るようになる

ってのが最高の流れなのかな?

イノ@りばて
イノ@りばて

って事は私は1からですね!

かじ@りばて
かじ@りばて

けど!しっかり理解したうえで、クラウドソーシングサービスに
登録した方が早く報酬を増やせるのでその辺を説明していくよ!

 本記事を読めば、自分のスキルに見合ったクラウドソーシングサービスを
比較から選ぶことができます!
比較的に初心者でもフリーランスとしての駆け出し方を
無理やり独立して生計を立てれるくらいの収入は確保することができます!

大手クラウドソーシングサービスの特徴は?初心者はコレ!

まず大手クラウドソーシングサービスの特徴ですが、案件の種類と難易度ランクが多い。
つまりは、「自分に合った案件を見つけられる」ということです。

特に初心者は大手クラウドソーシングサービスの利用をお勧めします。
理由を順を追って説明していきます。

イノ@りばて
イノ@りばて

何から始めればいいですか?

かじ@りばて
かじ@りばて

大手クラウドソーシングサービスで腕試し!

初心者フリーランスや現段階でフリーランスではない人には、
大手クラウドソーシングサービスの利用をお勧めします。
理由は自分に何ができるかわからないと
思いますので!

大手のクラウドソーシングサービスには常にたくさんの依頼、案件があります。
特に最大手のランサーズやクラウドワークスなどは、実際の依頼実績も充実していたり、
カスタマーサービスなどの充実度も至れり尽くせりです。

この段階で何が必要かというと、

・PC(ノートでデスクトップでもOK)※無くてもギリOK。
・スマホ(PCが無い人)
・やる気と作業時間

フリーランスの経験がない時点では、何の職種でも基本的に相手にされません。
もちろん依頼主も多くて案件数も多いですが、応募者も多いので差をつける事が必要です!

自分のレベルの確認は必要ですので大事にしましょう!

1.簡単な案件でフリーランスとしての自己紹介

登録したけど、何をしたらいいの?

・簡単な案件をたくさんこなす
・プロフィールに実績を残す
・自分のできる事、やった事を増やす
かじ@りばて
かじ@りばて

まずは、自分のプロフィールを充実する事が一番!

依頼主は応募者の中から、プロフィールをみて採用者を選定します。
最初は無実績ですし、本当の初心者に関しては特別スキルもないはずなので、
プロフィールがスカスカです。

大手クラウドソーシングサービスとはいえプロフィールや実績と自己PRが無ければ
高単価や理想のジャンルの依頼の採用率は低くなる。

フリーランスとしての自己紹介ができるようになれば、採用される可能性が跳ね上がります。
自分の実績と自己PRを充実させるのを目標に採用されやすい案件を探していきましょう!

2.とにかく案件数が多いので応募できるチャンスが多い

とにかくスキルのない状況では、無我夢中に応募しまくることが大切です。
仕事の方が自分によって来るのが一番ですが、そこまで行くにも一歩ずつ。

大手クラウドソーシングサービスでも理想な案件や単価は手に入れる事は困難です。

かじ@りばて
かじ@りばて

とにかく何でもやって、安心できるユーザーと認めて必要!

まずはこのような案件がおすすめ!
・アンケートなどの簡単作業
・レビューなどの低単価案件
・データ入力、テープ起こしなどetc…

特化型クラウドソーシングサービスの特徴は?専門家?

特化型クラウドソーシングサービスといっても、大手クラウドソーシングサービスとは
大きく明確な違いがありません。ジャンルによって案件が集中していたりします。

イノ@りばて
イノ@りばて

何が大きく違うんですか?

かじ@りばて
かじ@りばて

自分の特技がある人向けですね!
・ジャンルを絞ってフリーランスをしていく
・高単価な依頼を受けれるようになる可能性が上がる

というのも、フリーランスを志す人は「何を」していきたいのか?っていうのを
ある程度決めている人の方が多いと思います。
中でも人気なフリーランスは「プログラマー」「webライター」「翻訳家」などなど
ありますがどれも学習が必要な職業ばかりです。

何においても特に特化型クラウドソーシングサービスは「特技」というものが、
ある人に向いています。

・英会話、プログラミング、デザインナーなどの能力職に従事している人におススメ!
・キャリアを積むためには向いていないので、大手クラウドソーシングサービスから!

1.探しているジャンルを依頼を見つけれる

先程にも記述しておりますが、「翻訳」「デザイナー」「デザイナー」「プログラマー」などの
仕事を目指している人には、望んでいる
ジャンルの依頼を見つけられやすいです。
大手クラウドソーシングサービスと比較して、専門性の高いジャンルに偏っているのが
最大の特徴です。

かじ@りばて
かじ@りばて

依頼主も専門性の高いというのを認識しているからこそ案件が集まるね!自分の能力を活かしたい分野が決まってる人におススメ!

2.専門性のある人には高単価のチャンスと実績を獲得

フリーランスをしていく中で本当に大切なのは「単価」です。
もちろんその他の長所もあります。しかし「報酬は必要ない」という方やボランティアで
業務依頼を受けている方なら問題ないですが、「単価」はフリーランスには必要です。

特化型のクラウドソーシングサービスは大手クラウドソーシングサービスと比較して、
高単価の依頼が多いのも多いのは特徴的です。

また特化型のクラウドソーシングサービスは大手クラウドソーシングサービスと比較して、
長期依頼や継続依頼が多く現存しております。
単発案件や短期依頼を多くこなすのもいいのですが、長期依頼や継続依頼をこなすことで
まとまった実績を獲得することができます。

かじ@りばて
かじ@りばて

「単価」を上げる事は大切。
実績を作る→単価を上げる→実績ができる
という階段を上り続けていくのが駆け出しのフリーランサーです!

・長期案件をこなせる実績があるなら特化型クラウドソーシングサービス
・比較的高い単価の案件が多いのも特徴

大手と特化型はどんな人におススメ?

いろいろ記述してきましたが、フリーランスでクラウドソーシングサービスを利用する人は
最初は大手クラウドソーシングサービスの利用をお勧めします!

大手クラウドソーシングサービスでの目標は「実績作り」と割り切っていくことが大切です。
もちろん実績を作った後も利用していくことは大切です。

「実績作り」がある程度進んだ後に、特化型クラウドソーシングサービスへ移行して
高単価の業務や継続案件を獲得することで安定した収入の獲得や高収入につながります。

とにかく働き方が自由なフリーランスだからこそ
・理想のライフワーク
・理想の収入
を手に入れる為にいろんな挑戦をしていくといいでしょう!

タイトルとURLをコピーしました