禁酒が一番痩せる!?体の変化日常の利点【10日目】アルコール依存症からの脱出

かじ

 

かじ@りばて
かじ@りばて

禁酒するって決めたときは特に何にも考えてなかったけど、

ここまでくると、禁酒はやったほうがいい!!

イノ@りばて
イノ@りばて

たしかに見た目は痩せてきましたもんね。

かじ@りばて
かじ@りばて

見た目は置いといて、

一番はほんとに痩せれるのと疲れが取れる事だったけど、

今回は精神的なことの方が大きいと実感しているよ。

 

1.禁酒は間違いなく痩せる

 

単純に痩せますね。これは前回書いた内容とほとんど重複しますが、
食べる量が減ります。というか今まで食べ過ぎです。

あと便通が良くなります。これはサプリの力もありますが、理想の快便という状況です。
お酒を飲まないので「お茶」「水」をたくさん飲みます。

水分の摂取は代謝を上げ、さらにダイエットの効果を加速させます。

 

水分摂取量が増えて便通が整う!

食事量が減って全身のむくみが解消されていく

 

かじ@りばて
かじ@りばて

ダイエット効果が多い感じますね。

イノ@りばて
イノ@りばて

さっぱりしてますね?ダイエットの効果はそれほどなかったんですか?

かじ@りばて
かじ@りばて

いや前回の【5日目】と全く同じ状況なんだよ。
体重は落ちてる。

今回はどちらかと精神的な部分の方が考えることが

多かったから続きも読んでみて!

2.アルコール依存症で飲んでるお酒は無くても平気

 

お酒を飲む人の多くはアルコール依存症です。重度でも軽度でもアルコール依存症です。
仕事を疲れた時や汗をかいた後、寝不足な時などなど

「今日のビールは絶対うまいだろうな・・・」

という日はめちゃくちゃ多いです。異論は認めません。

ただ禁酒してみると、この感覚って後天的であると考えだしました。

結局飲まなくても平気です。小学生の時や中学生の時にこの感覚があったか?
ということです。

 

a.お酒を飲みたい理由?お酒は「飲めないから飲みたい」

 

今日疲れてようが疲れていまいが「ビールはおいしい」です。

お酒はおいしいです。おいしいから疲れたときに飲みたいだけで別に朝でも飲みたいです。
多くの人は飲んではいけないから飲んでいないだけです。

そして飲めないから飲みたいし、疲れてストレスがたまるから飲みたいです。

何が言いたいかというと、「お酒を飲みたい」理由を理解しているかどうかが大切です。
「お酒を飲みたい」理由を理解するだけで飲酒という行為は特別性を持ちます。

 

b.お酒は合法麻薬

 

お酒を飲むとリラックスする

これが毎日の飲酒を促す要因の最大の目的です。

一日の終わりをリラックスした状況で終えたいから寝る前に飲酒しています。
これは過度では無ければ問題ありませんが、十分「アルコール依存症」です。

お酒で現実から逃げると耳にする事は多くあると思いますが、
そういうことです。実際に私もガチガチのアルコール依存症から10日間禁酒しただけです。

 

飲酒は「現実から逃げている」と自覚することが必要です。そうすると意欲は減ります。

 

とはいえ、現実から逃げたいことってかなり多いです。
明日の朝が早いという事だけで現実から逃げたくなりますよね。

ただ冷静に見つめ返すと「朝が早い」のであれば、飲酒を控えた方が解決策ではないですか?

現実から逃げているのです。自覚しましょう。自覚しながら缶ビールの蓋を空けましょう。

 

イノ@りばて
イノ@りばて

確かにお酒飲むと気分が軽くなったり嫌なことを忘れられますよね!
依存するほどは飲んでない人は正しい使い方をしているんでしょうね。

 

 

3.禁酒で得られる人生の利点

 

先ほども朝早いのであれば、飲酒を控える方が解決策と言いましたが、
実際にそうです。一概にそうと言っても構いません。

ここで「お酒飲んだ方が寝れるだろ?」って人いると思いますが、
では逆に質問です。お酒を飲まずに1週間過ごしたことありますか?

a.寝不足は勘違い?お酒は飲まなくても寝れる。

 

日常的に飲酒をしていない人には、関係の無い話ですが、
禁酒をしてみないとわからないことですが、お酒を飲まないで5日間過ごした結果は、

多少の寝不足という感覚はあるが、睡眠の質が上がり「疲労は一切溜まらない」です。

寝不足っていうのは、「自分が決めた睡眠時間の確保」ができなかった時
という考えを捨て「日中に差し支える」という事を寝不足の定義とした場合の話です。

 

詳しくは、こちらから

 

一番痩せる!?体の変化と日常の利点!【禁酒生活5日目】

 

かじ@りばて
かじ@りばて

素人の机上論だけど、お酒を飲むとアルコールを分解しなきゃいけない

から普通に身体は疲れる。そういうこと。飲酒の方が疲れる。

 

b.禁酒で気づく本当に自分がやりたいこと

 

飲酒を控えることで、心身ともに開放的になります。

それが何を意味するのかと言いますと、一日の中で夜にのみ「飲酒している」人は、
「夜が楽しみでしょうがない」人が多いばかりでしょう
もちろん私もそうでした。

 

つまりお酒を飲んで家でのんびりすることが「一日の一番の楽しみ」でしょう。
悪い事ではありませんが、それがそんなに必要なことで求める事ですか?
「生きがい」がそれでいいですか?

 

・・・・本当にそれでいいですか?」

 

c.体験した禁酒でのメリット

 

いまさらですが、私は個人事業主です。もちろん元サラリーマンです。

サラリーマンの時は一日も欠かさずに飲酒しておりました。もちろん逃げる為です。

ただ今思えば、サラリーマン時代に禁酒していればもっとたくさんの趣味と出会えることが
できました。もちろん仕事ももっとたくさんできました。

もちろんお酒を飲む。お酒をたくさん飲むことができる。というのが会社での成果に
つながった事はあります。飲みニケーションってやつですね。

ただ、別に飲まなくても同じことできました。
飲んでるふりでいいですし、家での晩酌は無意味でした。

そんな私の趣味は「仕事」です。仕事していると落ち着きます。
「はぁ?」って人いると思いますが、そうです。変人です。

この変人はサラリーマンを辞めてさらに加速しました。
当然です。仕事しないと生活できないのです。仕事していないと落ち着かないです。

今考えるとその性格なので、「仕事」と「不安」から逃げるために飲酒していたのだと
気づきました。

禁酒をしてから短期間ですが、「もっと早く禁酒していればよかった・・・」
と思います。

もっと人生を長く、多く楽しめたのに・・・・と後悔しています。

気になる事があればTwitterからリプでもDMでも質問受け付けてます。

 

 

イノ@りばて
イノ@りばて

なんか説得力あるような・・・

お酒を飲まないってだけでここまで考える事ができるだけで価値はあるんだろうなって思いますね。

 

かじ@りばて
かじ@りばて

まだ途中だからここからどこにたどり着くのかはわからないけど、

ちょっと覚醒した世界に行けるんじゃないかと思うね。

 

タイトルとURLをコピーしました