脱サラする前につけた方が良い能力は?まずは行動力と学び

かじ

会社を辞めたいなって思っている人は辞めちゃダメ

かじ@りばて
かじ@りばて

会社辞めてから思う事って結構あるんだけど、特に「辞めなきゃ良かったかな?」って思うこともあるんだよね。

イノ@りばて
イノ@りばて

おぉ?結構退職して順調に生きているような気がしますけど?

かじ@りばて
かじ@りばて

いやね、今現在は退職しても後悔があるとかそんなことないんだけど考えてみてほしいんだけど「会社を辞めなくてもできること」ってのがたくさんあって「会社員だったら出来ること」っていうのもたくさんあるなって。

イノ@りばて
イノ@りばて

っていうからには、会社員だった時に出来ることってのはそんなにたくさんあるもんなんですかね?職種問わずにってことですか?

かじ@りばて
かじ@りばて

職種問わずです。会社を辞めてフリーランス、もしくは独立開業を考えてるって人は「会社員のうちに出来ないことの方がない」ってわかってほしい。

イノ@りばて
イノ@りばて

それは少しわかる気がするな・・・

脱サラを志す人の目的

独立したかったり、会社を辞めたりする要因ってのを勝手に3要素と仮定します。これにあてはまらない人は、ここで読むのをやめて大丈夫と思います。

1.大金を掴みたい
2.今の現状に不満
3.将来の夢に近づくため

おおよそこの3つが脱サラの要因だと仮定した場合。すべて会社を辞めなくてもできることってたくさんあります。

大金を掴みたい

大金を掴むために必要なのは、「掴むためのツール」だと思います。ここから少し胡散臭くなります。が!基本的に実体験です。

例えば、FXや為替などトレード系での能力やアフィリエイトサイトを運用など、なんでも構わないと思います。簡単に言うと、大金を掴むためのツールというのは「完全な歩合報酬」での収入を手に入れるってことです。もちろん自分のお店をつくるとかでも大丈夫です。

「完全な歩合報酬」の確保がおろそかになると、脱サラがうまくいきません。貯金を崩す生活を繰り返すだけの毎日なってしまいます。つまり自分で稼げない状態で「基本給」を破棄してしまうことになります。

今の現状に不満

サラリーマンを数年していると自分がどれほどの利益を生んでいるのか?ってのを理解してしまい給与に不満を持ってしまったりすることがよくあります。いいんです。それが健全な会社員の基本的な第一歩です。そこで大切なのは利益を出している内容を理解してみましょう。

例えば、販売職だったとしてお店の名前があってきているお客さんってどれだけいると思いますか?「あなたにレジをしてもらいたい」「あなたに商品の説明を受けたい」って思ってお店に来てくれているお客さんってどれだけいるでしょう?

例えば、建築業だったとして会社の信頼があるからできている仕事ってどれだけありますか?「あなたに任せたい」「あなたに作ってほしい」と言われている人はどれだけいるでしょうか?けっこうそうう言われている人は多いでしょうし、会社の資本金無しで自分が銀行に融資してもらいその仕事を受けることができますか?

つまり何が言いたいかというと、「あなたは会社の中で仕事をすること」ができているだけで、別に商売ができているわけでも何でもありません。そこをしっかり理解することが大切です。はっきり言って「社会の歯車の一部であなたがいなくなっても社会に影響はありません。」

勘違い野郎にはなってはいけませんし、身近にたくさんいますのでそんな人に流されないようにお願いしますね。自分を信じて毎月毎月給与を払ってくれている会社への恩を忘れないで下さい。

将来の夢に近づくため

将来の夢に近づくためには、もっと辞めてはいけません。この方向性で会社を辞めるタイミングは「将来の夢を叶える時」です。脱サラした瞬間に夢を叶えることが条件です。脱サラしても解放感はあるものの何も進みません。

それでも会社員であるうちに出来ることはすべて終わらせるというのがポイントです。貯金や借入も会社員の方が審査も通りやすいですし、退職後の自由な時間は基本的に貯金を使うか労働に使うことしかできません。同じ労働であるなら、通いなれた会社の方が時間の効率もいいですし、何も得なことはありません。

世の中は嘘ばっかり

これは簡単にまとめると会社員で1週間で作れる自由な時間は目安として30時間程度でしょうか?さんざん上記しましたが、サラリーマンのうちから何かを始めなければなりません。

個人差がありますが、仮に30時間という貴重な時間の中から何分、何時間を自分の娯楽や休息に費やすことなく勉強や努力にそそぐことができるか?というのがポイントなのだと思います。当然ですが、独立して成功する人のほとんどが「すべての時間を自身の成長に費やせます」ちなみに私は出来ません。よくできて80%ですかね?

つまり会社員のうちに絶対やった方が良い事は「勉強」です。この勉強をはき違えている人も多くいますが、「他人の成功体験と知る」って事だけではありません。
「知識や能力をつける」ってことです。

ブログを書きたい人であったら無料でブログを実際に書いてみたり、YouTubeに興味があるなら実際に動画を投稿してみると。なんでもいいです。デザイナーになりたいなら無料のデザインソフトをインストールしてみてもいいですし、SEになりたいのであれば純粋に参考書を買ったりとか実際に勉強し経験するべきなのです。

世の中にある、ビジネス書などはすべて正解とは思いません。「その人の環境においてその段階で成功であった」というものである認識が必要です。人生訓や精神論、教育論や経営論を総じて経験することなく手に入れる事は出来ません。しかし人の成功を知ること自体は悪い事ではないです。いつか自分と似た条件が出たときにまねをすることが出来れば成功に近づくかもしれません。

つまり、自分に必要な勉強というのをしっかり自分自身で判断することが必要とされています。判断能力を持つことを必要です。日常生きているとその判断が濁ります。何を学びたいのか?ってところから考えがちだからです。覚えておいてください。「今、自分が学びたいことは学ぶべきことではない」ということです。

学ぶべき事は常に自分が躓いた時にしか、自分の前に現れてくれません。ということは成長と思ったときに一番するべきことは、自分の勉強をすること。わからないことが出てくる。勉強する。わからないことが出てくる。勉強する。繰り返すことで、その中で行き詰った時に他人の成功体験を勉強しましょう。

それが勉強する中での最適解です。理想像から逆算して勉強することは近道になりません。

イノ@りばて
イノ@りばて

とりあえず会社員のうちに出来ることは全部やっておけってことですかね?勉強と行動ってところですか?

がじ@りばて
がじ@りばて

そういうことですね。会社員の中で自分の勉強をできない時点で何もうまくいきません。会社員って大変ですよね。しかしそこから負荷をかけれない人は業務を除いた時に何もできませんね。とにかく自分の能力を高め、自分で報酬を稼げる事が全てです。

イノ@りばて
イノ@りばて

でも部下の教育とかって必須条件じゃないですか?

がじ@りばて
がじ@りばて

残念ながら、部下は独立には必須ではないので問題ありません。それに部下の選び方さえ間違わなければ、ほとんどの場合金銭で解決できる。

イノ@りばて
イノ@りばて

なんかわかる気がしますけどわからない気もします・・・

がじ@りばて
がじ@りばて

大した事は言えませんが、将来のために自分の為に頑張ってください。頑張りやすいのは会社員の間です。

タイトルとURLをコピーしました